2006/04/07

サンプル作成


学生を卒業する際、私は制作ではなく研究という形を選ぶ。
研究したかったものはタータンチェック。 その気持ちは今でも冷めない。
この写真はサンプルで織ったものの一部です。

タータンチェックに狂っているわけじゃないけど(笑)気持ちが落ち着く布である。

その歴史は血なまぐさい壮絶なものがある。スコットランド人が土地と民族にこだわる理由がわかった。彼らがなぜイングランド人を嫌うのか理解できた。アメリカやオーストラリアのスコットランド系の人までもが結婚式の際にキルトを身にまといスコットランド人であることをアピールする意味がわかった。
・・・わかったと、思われる。(笑)
今でもヨークなどに残っていると言われている(どこまで本当なのかは知らない)スコットランド人に対する理不尽な法律は、逆になぜイングランド人がそこまでスコティッシュを弾圧しようとしたのかが気になってくる。

2 件のコメント:

Brave Heart さんのコメント...

こんばんは。
このタータンはご自分で織られたんですか?キレイですね!

私はForbesやSt. Andrewsが好きです。

emiko さんのコメント...

ありがとうございます。
学生時代にサンプル作成として織ったもので、厳密にはそれぞれに赤も違えば青も違うのですけど、これは糸を統一して織ったのでイメージが異なるかもしれません。
FORBESは白がくっきりと美しいものですよね。